マナーの問題でそうするしかない

「え?ひげって女にはないよね?」男性の悪気のない言葉にへこんでしまう女性がいます。なぜなら、女性だってひげが生える人は生えるからです。
本来は産毛が生えている鼻下。桃のような細く色の無い産毛は子どもだって生えています。しかし、ここの産毛が濃い人の場合、誰が見てもひげと言わざるを得ない黒いたくましい毛が生えてくるのです。
また、うっかりしているとあごの上、唇の下のくぼんだ部分に、一本だけひょろりと、しかし無視できない太さと長さの毛が生えてくる時もあります。これもひげと呼ばれても仕方ありません。
女性であれば、女にひげが濃い時は気にしないわけがありません。そのため、まるで男性のようにT字カミソリを鼻下にすべらせている女性だっているはず。肌に悪いのは理解はしているのですが、それ以上にマナーの問題でそうするしかないのです。お肌は刃物負けでざらつき、毛穴も目立つように・・・これはかなりショックですね。

日本人は肌の色は薄めなのに毛の色は真っ黒。そのためどうしてもムダ毛類が目立ってしまいます。白人種で毛の色素の薄いタイプの女性たちは、わきの毛もそのままだとか。割り切れていてうらやましいくらいですね。

白人種の価値観に倣い、ひげやむだ毛を気にせずいたい・・・と思うことはありますが、今の日本では到底受け入れられそうにありません。女のひげが濃い場合でも特に問題とすることのない社会であれば、心の軽くなる女性も多いと思うのですが。